治療が終わっても安心できない!?「二次的なむし歯」を予防する方法!
むし歯の治療が完了すると
「ようや<終わった!」と、ホッとされる方も多いことでしょう。
しかし、
治療をした歯でも、再びむし歯になる可能性があるのです。
特に、
「これでもう二度とむし歯にならない」と安心しきっている人ほど注意が必要です。

そこで今回は、治療した歯が再びむし歯になってしまう
『二次的なむし歯』についてお話させていただきます。

♦♦♦♦♦「二次的なむし歯」とは?♦♦♦♦♦

   治療で
金属の被せ物をすると、もう二度とむし歯にはならないような感覚が
   あります。
   しかし、どんなに精密な被せ物でぴったり合わせたとしても、
歯と被せ物の
   間にはわずかなすき間
が生まれてしまいます。
   そのわずかなすき間からむし歯菌が入り込んでしまうと、今度は
被せ物の内部
   がむし歯
になることもあるのです。こうしてできたむし歯を「二次的なむし歯」
   と呼びます。


♦♦♦♦♦二次的なむし歯を発生させないためには?♦♦♦♦♦

   では、どのようにすれば、
二次的なむし歯を予防できるのでしょうか?
   次の3つのポイントに注目してみましょう。

   
①みがきにくい部分を意識する
     むし歯になった歯というものは、
そもそも歯ブラシが届きづらく、
     みがき残しが多かったりする部分
です。
     つまり
「歯みがきしにくい場所」になるので、またむし歯になって
     しまう可能性が高くなります。

   ②歯科医院での定期健診を習慣化する
     歯の健康を維持するためには、
歯科医院での定期健診を受ける
     ことも大切です。苦労して治された方ほど治療が終わると歯科医院
     に足が遠のきがちですが、
痛みが現れてからの治療になれば、また
     時間もお金もかかって
しまいます。

   ③日頃から歯ぐきの健康を保つ
     被せ物の出来は、歯ぐきの状態に影響されます。
     治療の際、
歯ぐきに炎症があれば精密な被せ物を作ることはできま
     せん
。また、歯周病の状態で被せれば症状が悪化することもあります。
     つまり
“歯ぐきが健康であれば、被せ物の治療も良い状態でできる”
     ということです。


※詰め物や被せ物の治療を行ったとしても、一生その状態で
 使い続けることはできません。
 それでも、できるだけ長く使うためには、日々のメインテナンス
 が大切です。
 自分のお口の状態を把握している“かかりつけ歯科医”と共に、
 お口の中の健康維持に努めましょう!!













被せ物がある歯は
虫歯に要注意





歯ぐきは歯の健康の
バロメーター


【クイズの答え:(口の中に並ぶ歯を表している)】
「歯」の旧字は「齒」と書きますが、これはロの中に歯が並んでいる様子を表しています。
また、字の上にある「止」ですが、昔の中国では歯を「シ」と発音していたため、「止(し)」と
いう文字があてられたそうです。

>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.