妊娠時に気をつけたい
     お口のトラブルとケア

女性が妊娠をすると、ホルモンのパランスや生活リズムがくずれてしまい、お口の中のトラプルが多くなりがちです。
また、
歯周病の方は早産や低体量児になる確率が高いと言われていますので、妊娠を望んでいる方は日頃からお口の健康を整えておくことが大切です。


<妊娠時に多いお口のトラブル>

【むし歯】

妊娠中は唾液の分泌量が減るうえ、つわりの影響で食事を少量ずつ頻繁にとったり、
すっぱい食べ物を好んで食べたりと、おロの中が酸性に傾いて、むし歯になりやすく
なります。
さらに、体調が不安定な妊娠中は
歯みがきもおろそかになってしまうため、歯に汚れが
たまりやすくなり、むし歯が発生してしまいます。

【妊娠性歯肉炎】
これは、
女性ホルモンが増加することによって引き起こされる歯肉炎のことです。
   妊娠初期から中期に多く、症状としては歯ぐきが赤くなって腫れたり、血が出たり
します。

妊娠前から歯肉炎や歯周病になっていた方は、この時期に症状が悪化することも
あります。

【妊娠腫】
妊娠腫とは、
歯ぐきにできるコプ状の良性腫瘍です。
ホルモンパランスの乱れが原因なので自然に消えてしまう方も多いですが、出産後も
残っていたら手術で取り除く
場合もあります。

<妊娠中の歯みがき>

  つわりがひどいと、歯ブラシを口に入れただけで吐き気をもよおす人もいます。
そんな時は、
歯みがき粉の香りを変えてみたり、歯プラシを子ども用の小さめの
ものに変えたりしてみましょう。
また、奥歯をみがく時は
うつむき加減で、そっと奥に入れてから手前にかき出す
ようにしてみてください。
また、食後は
うがいで食べ力スをざっと取り除き、体調や気分の良いタイミングで
ブラッシングするのもよいでしょう。

<妊娠中の歯の治療>
妊娠中だからといって、
歯の治療ができないことはありません。
もし不安な方は事前にご相談ください。
また、お腹が大きくなると仰向けの姿勢が辛くなるので、
治療は妊娠17〜30週頃
が最適
です。
妊娠中は
トイレも近くなりますので、行きたくなった時は治療中でも遠慮せずお声掛け
ください。


★★★子どものむし歯は大人が原因!?★★★

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には
「むし歯菌」はいません。
このむし歯菌は
外から感染するもので、家族が赤ちゃんに口移しで食ぺ物を与える
などの行為で感染してしまいます。
実は、2歳頃までにむし歯菌に感染しなかった子どもは、大人になってむし歯にかかる
確率は10分の1以下と言われています。
次のような行為は感染のリスクを高めますので、気をつけましょう。

●ミルクの温度を確かめるため、哺乳瓶に口をつける
●人が使ったスプーンや箸で子どもに食ぺ物を与える
●子どもの手や口をなめる


※元気なお母さんでいるためにも、
日頃からお口のチェックを行うようにしましょう!

 










【クイズの答え:C 80%】
厚生労働省が平成16年に行った調査によると、歯周病の人の割合は30代が18.1%、40代は28.8%、50代は 43.6%、60代は40.7%でした。
ただし、この割合は歯周病がかなり進行している方だけの数値なので、実際に初期の状態の方も含めれば、30歳以上の80%が歯周病にかかっているのではないかと考えられています。

>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.