毎日の食生活に役立てよう!
歯やお口の健康に
      良い食べ物は?
私たちのカラダは食べ物から作られています。
偏食気味で好きなものだけ食べていては、健康なカラダはできません。
もちろんこれは、歯やお口の健康においても同じことが言えます。
食生活を意識して、ぜひ毎日の食生活に以下の食品を取り入れてみましょう。

<「歯を強化」するのに役立つ栄養素と食品>

強い歯を作ったり、あごの骨を丈夫にするには次のような栄養素を含む食品を積極的に摂りましょう。

   
 【ビタミンA】
     ビタミンAは
歯の表面のエナメル質を強化する働きがあります。
     ビタミンAが含まれている食品と
油脂を一緒に摂ると、ビタミンA
     の吸収が高まりますので、油炒めやオイル入りドレッシングを
     かけたサラダにして食べると良いでしょう。

     
☆ ビタミンAが含まれている主な食品 ☆
       ニンジン、レバー、うなぎ、ほうれん草

   【カルシウム】
     力ルシウムは
歯や骨を丈夫に保つ効果があります。
     力ルシウムは不足しがちになるので、
意識して摂るようにしましょう。
     また、ビタミンD(シイタケなど)、
クエン酸(みかんなど)と組み合わせる
     吸収が高まります。

     
☆ カルシウムが含まれている主な食品 ☆
       小魚、海藻、乳製品

   【ビタミンC】
     ビタミンCは
歯ぐきの建康や歯の象牙質の形成に役立つ栄養素です。
     一度に大量に摂取しても過剰な分は体外に排出されるため、
毎食ごと
     に摂るのがコツです。

     
☆ ビタミンCが含まれている主な食品 ☆
       キウイフルーツ、レモン、ブロッコリー


<「お口の中のキレイ」に役立つ栄養素と食品>

   【食物繊維】

     食物繊維が豊富な食べ物は、しっかり噛むことにより、
歯の表面や
     粘膜に着いた汚れを落とします
。また、たくさん噛むことによって
     
唾液の分泌が促され、あごの骨や筋肉の強化にもつながります。

     
☆ ビタミンCが含まれている主な食品 ☆
       ごぼう、セロリ、切り干し大根

<「歯を強化」するのに役立つ栄養素と食品>

むし歯になりにくい歯を作るには、次のような食品や栄養素が役立ちます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   【アルカリ性食品】
     むし歯を予防するためには、
お口の中を中性に保つことが大切です。
     食後、酸性に傾いたおロの中を中性に戻すには、
食事の最後にアル
     カリ性食品
を食ぺましょう。

     
☆ 主なアルカリ性食品 ☆
       納豆、果物、梅干し
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   【カテキン】
     力テキンは
主にお茶に含まれる成分で、細菌の繁殖を抑えると共に
     
むし歯菌を抑制する働きがあります。力テキンの抗菌作用は口臭
     予防
にも有効です。

     
☆ カテキンが含まれている主な食品 ☆
       緑茶、りんご、ブルーベリー

※あごの骨の強化には適度な硬さのあるものを食べることも大切です。
 ただし、あまり食べ続けると、歯の詰め物が取れたり、歯が欠けたりすることがありますので
 注意しましょう。





















【クイズの答え:A(大笑いする)
歯牙春色とは「大笑いする」という意味です。
中国では「春」をお正月や晴れの日としているため、歯牙春色には「晴れやかで清々しい
新年を迎えられるよう、歯が見えるほど朗らかに笑う」といった意味があります。
今年一年も「歯牙春色」な毎日を過ごしたいものですね。

>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.