応急処置に役立つ!
  歯の痛みに効く4つのツボ

今回は
「歯の痛みに効くツボ」をご紹介いたします。

ツボは正確な位置がわかりにくかったりしますが、その近くをさするだけでも効果はあります。
ただし、ツボによる痛みの減少はあくまでも応急処置なので、
重症化させないためにも早めに歯科医院を受診するようにしましょう。

   ≪1.合谷(ごうこく)≫
   合谷は、
手の甲の人差し指と親指の付け根の間にあります。
   このツボは
どんな痛みにも効く万能のツボと言われ、歯のズキズキを
   和らげる効果があります。
   ツボを刺激する時は、
反対の手の親指と人差し指で挟むようにしてツボ
   に親指を当て、少し強めに
揉みほぐしましょう。

   ≪2.歯痛点≫
   
歯の痛みに効くと言われる歯痛点は手のひらと足の裏にあります。
   
手のひらの歯痛点は中指と薬指の付け根にあり、感情線のやや上
   あたりです。
   また、
足の裏の歯痛点は親指と人差し指の股から約1.5センチ下
   あります。どちらも
やや強めに押してみましょう。

   ≪3.頬車(きょうしゃ)≫
   頬車は、
下あごの関節の不調に有効なツボです。
   歯が浮くような感じの時に押してみましょう。
   このツボは
耳たぶの下から下あごの角までのほぼ真ん中にあり、口を
   開けた時にくぼむところです。人差し指をツボに当て、
気持ちいい程度の
   力加減
で左右同時に押してみましょう。

   ≪4.下関(げかん)≫
   下関は、
腫れを伴った歯の痛みを和らげるツボです。
   
耳から鼻の方に向かって親指3本分の位置で、頬骨のすぐ下にあります。
   口を開けたときにくぼみができるところで、押した時にジーンと響くような
   感覚があります。
人差し指を当てて少し強めに押してみましょう。


※「すぐに歯医者にいけない・・・」こういった時にツボを覚えておくと役立つかもしれませんね。












@合谷(ごうこく)


A歯痛点


B頬車(きょうしゃ)


C下関(げかん)
【クイズの答え:A(美容目的以外であれば対象になる)】
医療費控除とは、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合、確定申告によって所得税が軽減される制度です。子どもでも大人でも、かみ合わせに問題がある美容目的以外の歯列矯正であれば対象となる場合があります。
詳しくはお近くの税務署へご相談ください。

>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.