自分にはどれが合う?「電動式歯ブラシ」の特徴と選び方
あなたがいま使っている歯ブラシは普通の歯ブラシですか? 
それとも電動式ですか?


調査によると、半数以上の方は電動式歯ブラシでみがいた経験が一度はあり、関心も高いそうです。
そこで今回は、
電動式歯ブラシの特徴や選び方などをご紹介させていただきます。

<種類と特徴>
電動式歯ブラシには
「電動歯ブラシ」「音波歯ブラシ」「超音波歯ブラシ」の3種類があります。
それぞれに特徴がありますので、目的にあったものを選びましょう。

   【電動歯ブラシ】
   □汚れの落とし方:1分間にブラシが 3,000〜1万回振動して汚れを落とす
   □特徴:モーターによって自動的に振動するため、自分でブラシを動かす必要がない
   □みがき方:歯ブラシを歯に軽く当てる
   □価格帯:1,000円くらいのものもあり比較的安価
   □こんな方におすすめ!:手でみがくのが面倒・気軽に安価で電動式を試してみたい

   【音波歯ブラシ】
   □汚れの落とし方:200〜300Hz(ヘルツ)の高速振動でできた音波で汚れを落とす
   □特徴:高速で振動するため、電動歯ブラシでは落とせない歯の汚れが落とせる
   □みがき方:歯ブラシを歯に軽く当てる
   □価格帯:1万円前後
   □こんな方におすすめ!:歯垢や着色を落としたい・歯みがきの時間を短縮したい

   【超音波歯ブラシ】
   □汚れの落とし方:160万〜200万Hz(ヘルツ)の超音波により汚れを落とす。
    ブラシは振動しない
   □特徴:超音波によって電動や音波では除去できなかった汚れを落とし、細菌の
    除菌や歯垢の元まで破壊できる
   □みがき方:手みがきのようにブラッシングをしてみがく
   □価格帯:2万円前後
   □こんな方におすすめ!:歯周病が進行していて現在治療中の方


<良い点と悪い点>
次に、手みがき用の歯ブラシと比較した電動式歯ブラシの良い点と悪い点を比較してみましょう。

   
【良い点】
   ・短時間で歯みがきが終わる
   ・手みがきでは落としにくい汚れがキレイになる
   ・電動や音波歯ブラシは手を動かさないので楽

   
【悪い点】
   ・替えブラシも含めて価格が高め
   ・手みがき用の歯ブラシよりも重い
   ・電池交換や充電が必要になる

<選ぶ時のポイント>
電動式歯ブラシを選ぶときは、店頭で手に取り、次のようなチェックをしてみましょう。

   ≪揺れ幅や音≫
   歯ブラシが
どれくらい揺れ、どれくらい音が出るのか確認してみましょう。
   はじめは振動がくすぐったく感じる方でも、使っているうちに慣れる方が多いようです。

   ≪持ちやすさ≫
   毎日使い続けることが
負担にならないサイズを選びましょう。

   ≪価格≫
   機能が良いものほど価格は高くなります。
   本体だけでなく、
替えブラシのランニングコストも考慮して選びましょう。



※手みがきでも電動式でも、正しいブラッシングを身につけることが大切です。















電動歯ブラシ
ソニッケアー
ダイアモンドクリーン



パナソニック
音波振動ハブラシ
Doltz ドルツ




【クイズの回答:@ (1回)
歯みがき後のうがいは1回が良しとされています。最近の歯みがき粉には、むし歯予防効果のある“フッ素”が配合されていることが多いですが、うがいをし過ぎるとそのフッ素が流されてしまいます。そのため、歯みがき後は軽めのうがいを心がけましょう。

>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.