もし歯を抜くことになったら・・・?
「抜歯」の疑問にお答えします!

歯科医から「歯を抜く必要があります」と言われたら、
多くの方はショックを受けると思います。

歯を失う悲しみはもちろんのこと、
「抜くのが怖い」「歯を失った後はどうするのか?」など、
さまざまな疑問や不安な気持ちを抱くことでしょう。

そこで今回は、皆さんの
「抜歯に対する疑問」 についてお答えさせていただきます。


【疑問その1】 なぜ抜歯が必要なの?

抜歯に至る要因は、主に歯周病むし歯です。

歯周病の場合は、歯を支える骨が溶け始めるほど重症化してしまうと、
周りにある骨にまで影響を及ぼすため抜歯が必要となります。

また、むし歯の場合は、歯の大部分が溶けてなくなり根まで達してしまうと、
歯を支える骨などへの影響も考えて抜歯する必要があります。



【疑問その2】 抜歯が怖いのでそのまま放置していい?

抜歯が必要な歯をそのまま放置しておくことは大変危険です。

むし歯や歯周病が進行すると、歯や歯ぐきだけでなく、
身体にも悪影響を及ぼしてしまう場合もあります。

また、噛み合わせや、咀嚼機能にも不具合が生じる可能性もあります。



【疑問その3】 抜歯はどのように行われるの?

一般的に、抜歯は次のような流れで行われます。
(※こちらはあくまでも一般的な手順になります。症例によっては 手順が変わる場合もあります)


@歯ぐきの表面に麻酔を塗ってから、部分麻酔の注射をします。

A麻酔が効いてきたら抜歯を行います。
(なお、歯が歯ぐきに埋もれているような場合は、
歯ぐきの切開や歯の分割などの処置をしてから抜歯をします)


B抜歯をした部分を止血します。
抜いたところは歯ぐきに穴が開きますが、
その部分は次第に血がたまってかさぶた になり、
歯ぐきが盛り上がって再生されます。
(その再生を助けるために、歯ぐきを糸で縫合することもあります)


C痛み止めや感染症予防の薬を受け取ったら診療は終了です。
抜歯当日は、入浴や飲酒、激しい運動は控えましょう。


D翌日、抜歯部分の状態確認と消毒をします。
(歯ぐきを糸で縫合した場合は1週間ほど経ったら抜糸します)



【疑問その4】 抜歯後に注意することは?

抜歯後はいくつかの注意点があります。

まず、痛みや腫れを最小限に抑えるために、
処方された薬は決められた時間にきちんと飲むようにしましょう。

また、 抜歯後に患部を冷やす場合は長くても24時間以内にしましょう。
長く冷やし過ぎると血流が悪くなり、逆に回復が 遅くなってしまいます。

また、抜歯当日はできるだけうがいは控えましょう。
抜いた後の歯ぐきの穴にたまった血が 洗い流されてしまうと、
骨が保護されず痛みが長引いたり、細菌に感染しやすくなったりします。


【疑問その5】 抜歯した部分の歯を補うには?

抜歯した所を補う方法としては、
部分入れ歯、ブリッジ、インプラントがありますので、
費用、利便性、見た目、 年齢、再発のリスクなどを考慮したうえで、
歯科医と相談しながら自分に合ったものを選択しましょう。

また、どの 装置でも長く快適に使い続けるためには、
歯科医院での定期的なチェックやメインテナンスが肝心です。



※「抜歯」という辛い選択にならないためにも、

  歯科検診を定期的に受けて歯周病やむし歯の予防に努めましょう!





















【クイズの答え:A4人に1人は生えない】
親知らずが全く生えてこない方は、4人に1人くらいの割合だと言われています。

ただし、生えていないと思っていても、
歯ぐきの中で横向きに生えて他の歯を圧迫しているケースもありますので、
もし奥歯に違和感を覚えて いるといった方はご相談ください。

横向きに生えている
親知らずに注意


>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.