ご存知ですか? 
「歯周病」と「糖尿病」の深い関係
歯周病は、歯周病菌が原因で歯ぐきに炎症が起こり、
歯を支えている骨が溶けてしまう病気です。

日本人の約8割がかかると言われ、歯を失う一番の原因
となっています。
さらに、歯周病菌はお口の中だけでなくさまざまな病気も引き起こします。
今回はその一つである
歯周病と糖尿病の関係についてお話させていただきます。


@歯周病が引き起こす病気とは?

   歯周病が進行すると、
歯ぐきの組織が破壊されて歯周病菌が血液に入り込み、さまざまな
   病気
を引き起こします。
   主な病気には、糖尿病の他に、
動脈硬化、心疾患、胃潰瘍、胃がん、誤嚥性肺炎
   あります。

A糖尿病の人が歯周病になりやすい理由

   糖尿病とは、
血糖値を下げるインスリンの働きがブロックされて血糖値が高くなる病気です。
   糖尿病になると
血液がドロドロになって血流が悪くなり、さらに有害物質が増加して血管の
   壁を傷つけます

   すると、新鮮な血液が末端の血管まで届きにくくなって、
失明、手足の壊疽、腎不全など
   の病気を引き起こします。
   またこの時、同じように
歯ぐきの血流も悪くなって抵抗力が弱まり、歯周病菌がどんどん
   進行
していってしまいます。

B歯周病が糖尿病を悪化させる理由

   また、歯周病は
糖尿病を悪化させる原因の一つと言われています。
   歯周病菌が血液に入ると、
体は菌に対抗するためにサイトカインという物質を分泌します。
   この
サイトカインはインスリンの働きをブロックするため血糖値が上昇しやすくなるのです。
   
体が健康な状態であれば、インスリンがどんどん分泌されて血糖値は元に戻りますが、
   糖尿病になっているとインスリンの働きが悪くなっているため、高血糖の状態が続いて
   しまいます。

C歯周病も糖尿病も生活習慣病

   歯周病と糖尿病は
どちらも生活習慣病の一つです。
   歯周病は、歯みがきが不十分であることはもちろん、
甘いものの摂りすぎや、間食する
   習慣が原因
となります。同様にこれは糖尿病を引き起こす環境でもあります。生活習
   慣病を遠ざけるためには、食生活の見直し
がとても大切です。


※糖尿病になった場合、歯周病の可能性もあります。
               しっかり検査を行い、適切な治療を受けましょう。



















甘いものは
控えましょう
【クイズの答え:A(むし歯が作り出す膜)】
バイオフィルムとは、むし歯や歯周病の原因となる菌が歯の表面に作る膜のことで、細菌はこの中で増殖します。この膜は粘着性が高く、歯みがき程度では落ちないため、歯科医院での定期的なクリーニングで除去しましょう。

>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.