むし歯や歯周病を引き起こす
「お口の中の“細菌”にクローズアップ!」
皆さんは、むし歯や歯周病の原因が何なのかご存知ですか?
実はその原因は、お口の中の
“細菌”にあるのです。
細菌がお口の中にいなければ、むし歯や歯周病になることはありません。
そこで今回は、お口の病気の
“原因菌”についてお話させていただきます。

<むし歯や歯周病の原因菌とは?>

 むし歯や歯周病を引き起こす、主な原因菌の種類と特徴をご紹介します。
 
 
【菌の種類や特徴】
   
☆むし歯の原因となる主な菌☆
    種類
ミュータンス菌など
    特徴:糖分をエサにして酸を作り出し、
        歯を溶かして穴を開ける

   
☆歯周病の原因となる菌☆
    種類
ポルフィロモナス・ジンジバリス、
        スピロヘータ
など
    特徴:歯垢をエサに繁殖した菌が毒素を
       出して、歯ぐきに炎症や出血を起こ
       し、歯を支える骨を溶かす

 
【菌がすみつく場所】
   ・噛み合わせの溝
   ・歯と歯の間
   ・歯周ポケットの内部と歯と歯ぐきの境目


<健康への影響は?>
   歯周病はお口の中だけでなく、全身にも悪さをする怖い病気
です。
   例えば、
心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まったり、糖尿病
   症状が悪化することもあります。妊婦さんの場合は
早産や低体
   重児の出産
高齢者の場合は誤嚥性肺炎の原因になるとも
   言われています。

<菌に感染してしまったら?>
   日本では多くの人が歯周病菌に感染している
と言われていますが、
   現在の医学では、むし歯や歯周病の原因菌を完全に除去するのは
   難しいとされています。
   ただし、
菌に感染したからと言って、全員がむし歯や歯周病になる
   わけではありません
。日々の歯みがきや定期的な歯科医院でのケア
   を行って、菌の数をできるだけ増やさないようにしましょう。



生後2歳半ごろまでに細菌に感染しなければ、それ以降お口の中に菌が入ってきたとしても生息し続けるのは難しいそうです。大人の唾液に含まれた菌が子どもにうつらないよう、大人が使用した後のスプーン・ハシをそのまま子どもに使わせたり、大人が噛みくだいた食べ物を与えるのはやめましょう。



















【クイズの答え:A 約2割】
日本全国の歯科医師10万3972人のうち、男性は8万544人、そして女性は2万3428人でした。
割合にすると男性の歯科医師は全体の約8割、女性の歯科医師は約2割ということになります。(厚生労働省 平成26年医師・歯科医師・薬剤師調査より)

>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.