噛めば噛むほど健康に! “噛ミング30”をご存知ですか?
子どもの頃、親や先生から「ご飯はよく噛んで食べなさい」と言われましたよね。
実は
厚生労働省でも“噛ミング30”のキャッチフレーズで、「食事の際にひと口30回噛むこと」を提唱しています。
たくさん噛むことは唾液の量を増やし、食べ過ぎを予防するなどさまざまな健康効果があります。
そこで今回は、
たくさん噛むことのメリットや食事の工夫についてお話しさせていただきます。

<噛むことのメリットとは?>

たくさん噛んで食事をすると、次のような健康効果が期待できます。
  【1.お口の健康効果】
    唾液は口の中の食べカスや細菌を洗い流して、
口臭・歯周病・
    初期むし歯を予防
する力があります。
    また、
頬の内側・舌などの粘膜を保護する役割もあります。

  【2.ダイエット効果】
    早食いの人は、脳から「お腹いっぱい」のサインが出るまで
    食べ続けてしまうため、必然的に食べる量が多くなります。
    一方、
しっかりと噛んで食べれば食事に時間がかかり、少量
    でも脳が満腹感を得られる
ためダイエットにつながります。

  【3.アンチエイジング効果】
    物を噛む時は、
顔の表情筋が使われるため、口の周りやアゴ
    のたるみ予防
になります。
    また、唾液の中には
“若返りホルモン”と呼ばれる「パロチン」
    が含まれており、
筋肉や内臓、骨や歯などのアンチエイジング
    に役立つと言われています。

<たくさん噛むための食事とは?>

 「ひと口30回噛む」
というのは、実践してみると意外と大変です。
 と言うのも、パン・カレー・パスタ・ラーメンなど
現代人が好む食事はやわらかい食べ物が多く、
 すぐ口の中からなくなってしまうからです。
 そこで毎日のメニューに、
「よく噛まなければ食べられない食材」や「調理の工夫」を取り入れて
 自然と噛む回数を増やしましょう。

  【おすすめの食材】
    ・野菜(根菜、葉野菜など)
    ・干した食材(ドライフルーツ、するめ、干物など)
    ・海藻類(コンブ、ひじき、わかめなど)
    ・きのこ類(えのき、エリンギ、しいたけなど)
    ・肉類(牛肉の赤身、豚肉など)

  【調理する際の工夫】
    ・大きく切る
      具材は細かく切らず、大きめにカットすると噛みごたえが出ます
    ・煮過ぎない

      生でも食べられる野菜は、サッと火を通して歯ごたえを残すように
      しましょう
    ・水分を減らす
      あんかけやカレーなど水分が多いメニューは、噛む回数が少なく
      なりがちです。揚げ物や焼き物など水分が少ないメニューも取り
      入れるようにしましょう


※食事は、飲み物で流し込みながら食べないように注意してください。
しっかり噛んで健康維持に努めましょう





















【クイズの答え:C 15分】
歯を1本づつ丁寧にみがくと10分くらいかかります。しかし、歯ブラシだけでは歯と歯の間の歯垢は除去できないため、フロスや歯間ブラシでもみがく必要があり、さらに5分程度かかります。1日1度は15分くらいの時間をかけ、しっかりと歯のケアを行いましょう!



>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.