自覚症状がない!?
「実は恐ろしい“歯周病”」
歯科医院に行くタイミングとして、「歯が痛くなった時」と答える人は多いのではないでしょうか?

しかし、
歯周病は症状に気づきにくいため、知らない間に重症化している可能性があります。
そこで今回は、
歯周病を重症化させないための方法についてお話しします。

   〈歯周病とは?〉

   歯周病とは、歯ぐきや歯を支える骨などに起きる病気の総称
です。
   歯周病の原因となる細菌が歯ぐきの炎症を引き起こし、重度になると歯を
   支える骨を溶かしていきます。
   また、
歯と歯ぐきの間の溝を歯周ポケットと言いますが、深さにって進行度
   合いや名称が異なります。


   〈歯周病を重症化させないためには〉

   歯周病はむし歯のような痛みはなく、少しずつ進行していきます。次のような

   「歯周病のサイン」
がないかを、セルフチェックしてみましょう。

     
【歯周病のサイン】
     □起床時に口の中が苦く、ネバつく
     □歯を下でさわるとザラつきがある
     □歯ぐきの色が赤かったり、黒かったりする
     □疲れている時に歯ぐきが腫れやすい
     □歯みがきの時に血が出る
     □歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
     □口臭が気になる
     □歯ぐきが下がり、歯と歯の間に隙間ができる
     □歯が長くなったように見える
     □グラグラと揺れる歯がある

   セルフチェックをして、「歯周病のサイン」がある時は必ず歯科医院で診て
   もらいましょう。
   また、定期的に検診を受けていれば、歯周病の予防や早期発見につながり
   ます、歯周病は予防できる病気ですので、健康的な生活を守るために、定期
   的な検診で歯周病チェックを行いましょう。


※自宅での歯みがきだけでは、歯周病の原因菌を除去しきれません。
 定期的に歯科医院でクリーニングを行い、歯周病を予防しましょう。








>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.