「抜く?」「抜かない?」
“親知らず”問題
親知らず前歯から数えて8番目、一番奥にある歯のことです。
親知らずといえば「痛む」「腫れる」など、厄介者のイメージを持たれるかもしれません。そのため、抜歯すべきか残すべきか悩む人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、さまざまな
“親知らず”の問題についてお話しさせていただきます。

<人によって様々な変え方がある!>   
親知らず
一般的に上下あわせて4本生えてきますが、もともと親知らずがない人
4本すべて揃わない人も少なくありません。
生える場所に十分なスペースがないなどの理由で、
歯ぐきに埋まったり横向きに生えて
くることもよく見られます。

<むし歯や歯周病になりやすい>  
親知らずはみがきにくいため、むし歯や歯周病といったトラブルを抱えがちです。
そこで、
みがく時は先端の毛が特殊な「ワンタフトブラシ」をおすすめします。
普通の歯ブラシで全体をみがいた後、噛み合わせの溝や歯と歯の間など、歯垢の溜まり
やすいところをワンタフトブラシで細かくみがきましょう。

<抜歯すべき?残すべき?>  
親知らずを抜歯すべきか残すべきかはお口の状態によりますが、主に次のような状態
判断の目安になります。

☆抜歯しなくても良い状態☆
□ 親知らずがまっすぐ生えている
□ 親知らずがに歯ぐきがかかっていない
□ 上下の親知らずが揃っていて、噛む機能がある

★抜歯した方が良い状態★
□ 親知らずの周囲が腫れて痛む
□ 親知らずが原因で周囲の葉がむし歯や歯周病になっている
□ 親知らずが斜めや横に生えている

〜お口の中の状態は個人差がありますので、実際に抜歯するかどうかは
  歯科医師とよく相談して決めましょう〜


<抜歯後に注意したい「ドライソケット」>
親知らずの抜歯をした後、もし痛みが続いたら「ドライソケット」を疑いましょう。
通常、
抜歯後の穴は、血が固まって塞がり、徐々に歯ぐきが作られていきます
しかし、時に
穴が塞がらず骨が露出し、炎症を起こすことがあります。これがドライソ
ケット
です。
抜歯後は痛みも少しずつ和らいでいきますが、2〜3日経過しても痛みが増すような
時は注意が必要です。
ドライソケットを防ぐには、抜歯後は必要以上にうがいをせず、
激しい運動・飲酒・長時間の入浴は避ける
ようにしましょう。



※抜く必要がある親知らずは、早めの処置が大切です。親知らずに関して気になることがある場合はお気軽にご相談ください。






ワンタフトブラシで
細かく小刻みに
動かします。

抜歯しなくても良い状態


抜歯した方が良い状態


>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.