お口のSOS!「食べ物が詰まりやすい」症状はありませんか?
最近、「食べ物が歯に詰まりやすくなった、挟まりやすくなった」
と感じることはありませんか?
食べ物が歯に挟まると気になってしまいますよね。
電動歯ブラシメーカーが20〜60歳代を対象に行った調査によると、
「食べ物が歯に詰まりやすくて困っている人」は約55%と半数以上もいたそうです。
そこで今回は、
食べ物が歯に詰まりやすくなってしまう原因などについてお話しします。

<歯に食べ物が詰まる原因とは?>

歯に食べ物が詰まったり、挟まったりする原因はさまざまですが、主に次のようなことが考えられます。

   @歯間の広がり
     若い時は気にならなったのに、
年齢を重ねるごとに食べ物が詰まりやすく
     なったと感じている人は、
歯並びの変化が原因かもしれません。
     
目に見えないようでも歯は動いていて、少しずつ歯並びも変わり、それに
     よって歯間が広がってくることがあります。
     そして歯と歯の隙間が広くなると、おのずと肉や野菜などの繊維質が詰ま
     りやすくなります。
     また、
噛み合わせや歯ぎしりのクセが原因で歯が移動することもあります。

   A歯周病
     歯と歯ぐきの隙間に食べ物が詰まりやすくなったと感じている方は、
歯周
     病
が原因かもしれません。
     歯周病になると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきの間の隙間が広くなり、
     食べ物が詰まりやすくなります。また、歯ぐきが下がって歯の根元に隙間
     ができたり、また、
重度の歯周病になると歯ぐきの弾力が失われたり歯が
     グラつくため、食べ物が挟まりやすくなります。

   Bむし歯
     歯と歯の隙間に
むし歯ができて歯が欠けてしまうと、食べ物が詰まりやす
     くなります。
     また、
むし歯の治療をした時のかぶせ物や詰め物の形状によって、食べ物
     が詰まりやすくなる場合もあります。


<詰まりやすい時はどうする?>

★歯に食べ物が詰まりやすい、挟まりやすいと感じている人は、しっかりとケアや治療をする必要があります。
★食後は歯みがきやデンタルフロス、歯間ブラシなどできちんと食べカスを除去して、歯と歯の間に食べ物が挟まった状態を放置しないようにしましょう。
★小さな食べカスでもそのままにしてしまうと、歯周病やむし歯を急激に悪化させる可能性があるためです。



※歯間に食べ物が詰まりやすくなったと感じるときは、むし歯や歯周病のサインかもしれません。定期的に検診を受けて異常がないかチェックしましょう。










>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.