気になるお口のニオイ
「むし歯が原因の口臭とは?」
お口に関する悩み事で、いつも上位に挙げられる「口臭」
食後に歯をみがいたり、ガムを噛んだりして、常に気にされている方も多いのではないでしょうか?
そういったケアをしていてもお口のニオイが気になる場合は、もしかすると、むし歯が原因かもしれません。
そこで今回は、
むし歯が原因の口臭についてお話しします。

<むし歯で口臭が発生する3つの理由>

@食べ物が発酵したニオイ


  むし歯になって歯に穴が空いたり隙間
ができたりすると、その部分には食べ物が
  詰まりやすく
なります。
  そもそも、
むし歯になった場所というのは、歯ブラシが届きにくく、みがき残しの多
  い場所
です。そのため、ご自身では歯をみがいているつもりでも、食べ物のカスが
  残りやすいのです。
  その
残った食べカスがお口の中の菌によって腐敗・発酵すると、臭いガスが発生
  して口臭の原因
になります。

A歯の神経が腐敗したニオイ

  むし歯が進行して歯の神経が死んで
しまうと、神経が腐敗して日に日に口臭は強く
  なっていきます。
  歯の神経が死に至るまでには、歯がしみたり痛んだりと何らかの自覚症状があった
  はずです。それがある日を境に突然痛みがなくなっても、むし歯が治ったわけでは
  ありません。

  歯の神経が死んでしまったために痛みを感じなくなってしまったのです。

B歯の根の先にたまった膿(うみ)のニオイ

  死んでしまった歯の神経をそのまま放置
してしまうと、歯の根のさらに深い部分に
  まで細菌が侵入して、あごの骨を溶かして膿をためる
ことがあります。
  これは歯根嚢胞(しこんのうほう)と呼ばれるもので、
  自覚症状がないまま進行することもあり、
  気づいた時にはとても大きくなっていることもあります。
  そして、
この袋が破れて膿が出ると、悪臭が発生し、それが口臭の原因となります。


<むし歯が原因の口臭を治すには?>

  口臭の原因がむし歯の場合、
むし歯を治療することが必須です。
  「むし歯の治療には時間がかかる」「治療が怖い」などの理由で、
  つい先延ばしにしてしまう方もいらっしゃるでしょう。
  しかし、
むし歯は痛いだけでなく口臭の原因にもなりますので、
  早めに対処しましょう。
  また、
過去にむし歯の治療をした歯でも再びむし歯になることもあります。
   特に神経を抜いてしまった歯は、またむし歯になっても痛みを感じないため、
   気づいた時にはかなり進行していることもあります。
  すべてのむし歯をしっかり治療したからといって安心せず、

   定期的に歯科検診をすることも重要です。


※出会いの季節に向けて、今からお口の中も準備しておきましょう!









>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.