いまさら聞けない?
「歯石の疑問をスッキリ解消!」
お口の健康に関わりの深い“歯石”ですが
「そもそも歯石ってなに?」「どうしてついてしまうの?」
など、意外に知らないことが多いのではないでしょうか?
そこで今回は、
歯石に関する素朴な疑問についてお話しします。

【疑問1】そもそも歯石ってなに?
       
⇒ 歯垢が唾液と結合して硬くなったものです

   
歯垢とはプラークとも呼ばれる細菌の塊(かたまり)のことです。
   食後4〜8時間で歯に付着するネバネバした物質です。
   この
歯垢が唾液に中のミネラルやリンと結びつくと石のように固く
   なりますが、これを
歯石と言います。
   歯垢が歯に付着すると、だいたい2日程度で歯石に変化し、歯ブ
   ラシでは落とすことができなくなります。

【疑問2】歯をみがいてもつくのはなぜ?
       
⇒ みがき残しがあるからです

   毎日歯をみがいているのに、なぜ歯石がつくのだろう・・・と、
   不思議に思いませんか?
   実は、
歯石がついているということは、歯垢をみがき残していると
   いうこと
なのです。
   
歯垢をしっかり除去するには、歯ブラシだけでなく、フロスや
   タフトブラシなどを併用
しましょう。
   また
上の奥歯の外側や、下の前歯の裏側など、唾液の出口付近
   は特に歯石がつきやすい
ため、念入りにみがいてあげましょう。

【疑問3】歯石を放っておくとどうなるの?
       
⇒ 歯周病の原因になります

   
歯石の表面はザラザラしているため、歯石がついたまま放っておく
   と、その上に歯垢がどんどん溜まっていきます。
   そして、
歯周病菌が繁殖しやすい口内環境となり、歯周病を進行
   
させてしまいます。

【疑問4】歯石を取る時に歯も削られる?
       
⇒ 歯を削ることはありません

   歯科医院で歯石取りを行う際、歯も削っているのでは・・・と不安に
   なる方がいらっしゃいますが、
健康な歯を削ることは決してありません
   歯石とりの際に、歯がしみたり痛みを感じることがあるのは、歯が削ら
   れているのではなく、
歯ぐきが歯石を取り除く際に受けた刺激に対して
   敏感
になっているからです。

【疑問5】どのくらいのペースで取れば良い?
       
⇒ おすすめは3ヶ月〜半年に一度程度です

   石のように硬い歯石は、
専用の器具を使って除去しなければ落とす
   ことができません。
   歯石取りの
頻度としては、3ヶ月〜半年に一度程度がおすすめ
   です。
   しかし、
汚れがつきやすい方や歯周病が進行している方は、
   2ヶ月に一度のペース
でこまめに行うこともあります。
   また、
しばらく行っていない方は、何度か通院してもらい数回に
   分けて除去するケースもあります。


歯石は歯周病の原因になることもあります! 
  定期的にしっかり除去しましょう。















>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.