6月1日はガムの日
「噛む+運動」で健康づくり!
6月1日はチューイングガムの日です。

普段、ガムは食後やドライブ中などに噛むことが多いと思いますが、実は
運動中に噛むのもおすすめです。ガムを噛みながら歩くと、心拍数がアップして消費エネルギーが増え、さらに歩行距離や速度がアップするという研究報告もあります。
そこで今回は、
ガムを噛みながらダンベル体操をして、咀嚼力と筋力をアップさせる運動
をご紹介します。

 ≪用意するもの≫
  ・
500g程度のダンベル(500mlのペットボトルに水を入れたものでもよい)を2つ
  ・お好みの
ガム(シュガーレスがおすすめ)

 ≪ダンベルの持ち方≫
  背筋を伸ばしてイスに座ったら、ダンベルを力強く握り、手首はやや内巻きにします。

 ≪ガムの噛み方≫
  運動中は意識して、
左右の歯で均等にガムを噛みます。


【肩の関節を柔軟にする「上げ下げ運動」】
   @両手のダンベルを耳の脇に構えます。
   A片手ずつ、真上にダンベルをゆっくり押し上げた後、引き下げてください。
    上げる時は、肘を伸ばし切るまで上げないようにして下さい。
    左右流れるような動きで、連続10〜15回行いましょう。

【二の腕を引き締める「絞り上げ運動」】
   @両肘を曲げ、背中の後ろで1つのダンベルを両手で持ちます。
   A腕と肘が頭より前に出ないように注意しながら、ゆっくりと絞り上げるように
    肘を伸ばしながら押し上げた後、元の位置に戻します。
    これを10〜15回繰り返してください。

【上半身の筋力を鍛える「羽ばたき運動」】
   @お腹に力を入れて前傾姿勢になり、両手でダンベルを持ちます。
   A腕と肘が頭より前に出ないように注意しながら、ゆっくりと羽ばたくように
    腕を広げながらダンベルを持ち上げた後、ゆっくりと元の位置に戻します。
    これを10〜15回繰り返してください。




 

 

 


>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.