セルフチェックしてみましょう! 意外と知らない
     「噛み合わせ」のこと
皆さんは、理想的な噛み合わせはどのような状態かご存知でしょうか?
また、
ご自身の噛み合わせは良いのか悪いのか判断できますか?
そこで今回は、意外と知らない
「噛み合わせ」についてお話しします。

≪理想的な噛み合わせ≫
 奥歯を噛んだ時、次のような状態が理想的な噛み合わせです。

 
【理想的な噛み合わせ】
   @上と下の前歯の中心が合っている
    噛んだ時に前歯が2〜3mm程度重なる

   A下の前歯以外、1本の歯に2本の歯が対応している。

   B前歯は軽く接触する
    奥歯は下の歯が内側に寄る


≪噛み合わせの異常≫
 
噛み合わせに異常があると、食べ物をしっかりと噛むことができないでけでなく、体調や発声、
 お口の健康などにも影響が出てしまいます。
 噛み合わせの異常は
専門用語で不正咬合と呼び、下記のようにいくつもの種類があります。

   
[反対咬合] 上の前歯が下の前歯の後ろにある状態
   
[過蓋咬合] 上の前歯で下の前歯が見えない状態
   
[切端咬合] 上下の前歯の間に隙間が全くない状態
   
[開   咬] 上下の前歯の間に大きく隙間がある状態
   
[上顎前突] いわゆる出っ歯といわれる状態
   
[下顎前突] 下あごが前に出た状態、受け口


≪噛み合わせのセルフチェック≫
下記の項目で当てはまるものがあれば、
噛み合わせに不具合があるかもしれません。

   
@上下のくちびるを軽く閉じた時の状態は?】
     □口をしっかり閉じることができず歯が見えてしまう
     □下くちびるを上の前歯で噛んでしまう
     □上くちびるが下くちびるで隠れている

   
A奥歯をしっかりと噛み、
      両手の人差し指を口端に引っかけて左右に広げた時の状態は?】

     □上の歯と下の歯の間に隙間があり、その奥にある舌が見えるほど空いている
     □下の歯が上の歯よりも手前に出ている
     □下の前歯が上の前歯隠れてほとんど見えない
     □歯並びがでこぼこになっている
     □歯と歯の間の隙間が広い

   
B割りばしを奥歯で噛んだ時の割りばしの傾きは?】
     □割りばしが目と平行にならず、左右どちらかに傾いている


※噛み合わせは年齢とともに変化することがあります。気になることがあればお気軽にご相談ください。



 

 

 

 

 


>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.