全身にも悪影響を与える!
歯周病とさまざまな
     病気との関係とは?
歯周病細菌が原因で歯ぐきが炎症を起こし、重症化すると歯を支える骨が溶けて歯が抜けてしまう病気です。
また、
歯周病はお口の健康を脅かすだけではありません。実は、全身にも悪影響を与え病気を引き起こすことがわかっています。
そこで今回は、
歯周病とさまざまな病気の関係についてお話しします。

<歯周病が影響を与える病気>
歯周病の原因菌は歯ぐきの毛細血管を通って血液中に入り、次のようなさまざまな病気を引き起こします。

 【動脈硬化】
   動脈硬化とは、
血管の壁が厚くなり、血液の通り道が狭くなってしまう病気です。
   血管が細くなったり、血栓ができて詰まることで、
心筋梗塞や脳卒中など、命にか
   かわる病気を引き起こします。
   一般的にはコレステロールや中性脂肪が血管の壁に付着することが主な原因です
   が、実は
歯周病が原因で起きることもわかってきています。そのしくみは、歯周病菌
   が血管に炎症を起こすことで血管が硬くなったり、血栓を作るような働きをして動脈
   硬化を進行させてしまうからです。
   これに
肥満や喫煙、糖尿病、高脂血症といった要因が重なると、さらに注意が必要
   です。


 【誤嚥性肺炎】
   誤嚥性肺炎とは、
唾液や食べ物が誤って気管支に入り込み、それらに付着していた
   細菌が原因で発生する肺炎のこと
です。
   通常であれば、誤って気管支に入ったとしても、付着している細菌は唾液に含まれる
   ペリクルという膜に包まれ抑制されます。しかし、細菌の中に歯周病菌が含まれている
   と話は別です。
   歯周病菌は毒素を放出してペリクルを破壊し、肺の中で繁殖して肺炎を引き起こして
   しまうのです。


 【糖尿病】
   歯周病は糖尿病の合併症として数えられる
ほど、糖尿病と結びつきの深い病気です。
   糖尿病になると血行不良や血管損傷が起きるため、歯ぐきには新鮮な血液が届きに
   くくなります。すると、歯周病菌に対する抵抗力が失われ、歯周病にかかりやすく進行
   も早くなります。
   また、歯周病があると、血糖値を下げるインシュリンの働きも低下するため、血糖値が
   下がりにくくなってしまった結果、糖尿病にかかるリスクが高くなることも分かっていま
   す。

 【早産・低体重児出産】
   妊娠中はホルモンの影響やつわりなどでお口のケアがおろそかになりがちなことから、
   歯周病が悪化しやすい時期です。
   歯周病になるとその炎症によって子宮を収縮させる物質が分泌されるため、早産や
   2500g以下の低体重児を出産する可能性が高く
なります。
   そのリスクは、
かかっていない妊婦と比べると、約7倍にもなってしまうそうです。



※この他にも、
骨粗しょう症、心疾患、関節リウマチ、メタボリックシンドロームなども、歯周病と関わりが深い病気だと言われています。重大な病気を防ぐためにも、歯周病予防に努めましょう!




 

 

 

 

 

 

 


>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.