広島県安芸郡府中町にあるさんたんだ歯科医院。安心・安全・快適・最善を心がけ、患者様のペースに合わせた診療を行っています。 広島県安芸郡府中町のさんたんだ歯科医院

ダラダラ飲みに要注意!「スポーツドリンクで歯が溶ける」ってホント!?

5月に入り、汗ばむような陽気の日も少しずつ増えてきましたね。
汗をかくと水分補給が気になりますが、皆さんは普段何を飲んでいますか?
喉が渇いたからといってスポーツドリンクをいつも飲んでいる方は、スポーツドリンクによって歯が溶けることがあるので注意が必要です。

そこで今回は、スポーツドリンクや酢といった“食品の酸”によって歯が溶ける「酸蝕歯」についてお話しします。

 

≪酸蝕歯とは?≫

  

  酸蝕歯とは、酸性の強い飲み物や食べ物によって溶けてしまった歯のことを指します。
  歯の表面を覆っているエナメル質が、酸によって溶けて内部の象牙質が露出してくるため、
  冷たいもので歯がしみる知覚過敏やむし歯などのリスクを高めます。
  また、前歯の先端が透けたり、ヒビが入ったりといったような見た目にも影響を与えます。

  「食品が原因で歯が溶けるの!?」と驚かれるかもしれませんが、歯は酸にとても弱いため注意が必要です。

≪注意が必要な食品は?≫

      

  

  次のようなpH5.5以下の食品は、歯の表面を覆っているエナメル質を溶かしてしまう性質があります。

   【レモン(2.1)、炭酸飲料(2.2)、チューハイ(2.9)、梅酒(2.9)、酢(3.0)、
    スポーツドリンク(3.3)、洋風ドレッシング(3.5)、ワイン(3.8)、
    オレンジジュース(4.1)、醤油(4.7)】

   【麦茶(6.5)、ミネラルウォーター(7.00)】

≪予防法は?≫

  ただし、酸性の食品だからといって、「歯が溶ける」「食べてはいけない!」
  と過度に心配する必要はありません。

  普段、私たちのお口の中はpH6.5~7の弱酸性から中性に保たれていて、食事よって
  お口の中が酸性に傾いたとしても、唾液の作用で中和され元に戻ります。

  しかし、酸性の強いものを頻繁に飲んだり食べたりしていると、唾液の作用が追いつかず、
  歯の表面が溶けやすくなるため、ダラダラと飲食物を口にしている状態は危険です。

 

  酸蝕歯を予防するためには、次のようなポイントを意識してください。
     
     ★スポーツドリンクは運動をして汗をかいた時だけ飲み、入浴後や食事中は飲まない。
     
     ★酸性の強い食品は頻繁に口にしない。
     
     ★酸性の強い食品を食べたり飲んだりした後は水で口をゆすぐ。
     
     ★就寝前は酸性の強い食品を口にしない。