広島県安芸郡府中町にあるさんたんだ歯科医院。安心・安全・快適・最善を心がけ、患者様のペースに合わせた診療を行っています。 広島県安芸郡府中町のさんたんだ歯科医院

「櫛(くし)の歯が欠けたよう」

このコーナーでは、“歯”にまつわる慣用句や熟語、故事、ことわざなどの意味や由来などをご紹介します。

 

「櫛(くし)の歯が欠けたよう」

 皆さんは「櫛(くし)の歯が欠けたよう」ということわざをご存知ですか?
 
 本来なら櫛(くし)の歯はキレイに並んでいますが、使っていくうちにボロボロと
 欠けていくことがあります。

 その様子から「櫛(くし)の歯が欠けたよう」というのは、切れ目なく続いている
 もの、揃って並ぶはずのものが、ところどころ欠けている様子を表す慣用句になり
 ました。

 例えば
 「つまらない芝居に次々と客が帰り、座席は櫛の歯が欠けたようだった」
 「櫛の歯が欠けたような、さびれた商店街」
 などと使います。

 「まばら」や「まちまち」とも意味が似ていますよね。
 また、1点気をつけたいのが、“欠ける”と“抜ける”を勘違いしないことです。人間の
 歯は欠けたり抜けたりしますが、櫛の歯は抜けはせず欠けるだけなので、この点に
 注意して使いましょう。